どっか遠くに行きたいな   どっか遠くに行きたいな
cancer44.com
メインメニュー
 
CREATE 1998/12/26
ビアバトル '98

ビアバトルというのは、国内4大ビール会社が繰り広げる、熱い戦いです。
わたしが観戦するのは、K-1 GP の決勝の、東京ドームでのバトルなのです。
今年は各社いかなる布陣をひいてくるか楽しみです。

最近は K-1 もマンネリ化して、以前ほど面白くないので、 もう行くのをやめようと思っているのですが、 気がついたら東京ドームに居るわけです。
ま、見れば面白いのは間違いないし、 なにより、ビアバトルを観戦できるというのが大きいですから。

では、各社の今年の布陣、戦略から見ていくことにします。

メーカー ビール ユニフォーム 売り子の特徴 販売戦略
KIRIN 一番搾り 昨年同様、蛍光系グリーンのユニフォーム 売り子の人数多し。昨年より年齢層が若くなっていた 年齢層を低くした分、フォーメーションなどの戦略は感じられず
ASAHI スーパードライ 昨年同様、蛍光系ピンク/イエローのユニフォーム 昨年よりちょっと若くなっていた 今年は、つくり笑いもイマイチ
SUNTORY モルツ 白地にホワイトのライン。イエローのワンポイント。 昨年同様素朴な子が多いが、今年は他2社も素朴路線を採用。
昨年同様、年齢層低いが、今年は他2社と横並びになった。
昨年のフォーメーションのマズさは解消していた。 首傾げのポーズは、ほとんど発揮されておらず。
階段の下まで行き、 振り返って紙コップを高く差し上げるポーズは、 個人的には、かなり好きです。
SAPPORO 「ヱビス」と表示しているが、これはヱビスではない!(泣) 白地に紫のワンポイント。 カラーリングは悪くないのだが、 生地がモッサリとした感じでちょっといただけない。 年齢層がやや高いし、太めの女の子が多かった。
ムチムチ系の好きな方にはタマランのでしょうが…。
あと、愛想が悪いのを、なんとかしろ!
人数が少ない。

結果を一言で言うと、今年は各社、横並びでした。
肩と肩でドツキ合いなどのシーンも一度も見られませんでした。
(ちなみに、ドツキ合いなど、壮絶な女の戦いを目のあたりにした、 ビアバトル '97 は、 ここ です)。

女の子も、めちゃくちゃかわいい、とか、 いろんな技を見せてくれるような子も少なかったです。
でも、まあ、みんな平均点はクリアしてる、というような感じです。
どちらかと言えば、女の子よりも、ユニフォームのほうがかわいいです。
キリン、アサヒ、サントリーの3社は、そんな感じでした。

ただ、ビールのタンクの大きさはちょっと差があったようです。
ビールのタンクを担ぐのは、華奢な女の子には、 かなりの負担になっていたでしょう。
3社の女の子たちは、ほとんどみんな細かったので、 ほんと大変だったと思います。
特にアサヒの女の子は大変だったと思います。
他社のより、タンクがやや大きかったです。
腰が曲がった感じで歩いていました。
特に階段を登るときが、大変そうでした。

ところで、わたしは観察に夢中になっていて、 ビールを頼むのを忘れてしまっていた程なんですが、 ようやくキリンの一番搾りを注文しました。
そしたら、なんか、様子がおかしい。タンクからビールが出てこない…。
しばらくして、売り子さんが、 「品切れとなりましたので、 すぐに新しいのをお持ちします」 と言いました。
要するに、カラッポになってしまったのですね。
そんときは、けっこう悲しかった。。。
しばらく待っていたら、新しいタンクを背中に担いだ売り子さんが 戻ってきて、 ほんとの一番搾りを搾ってくれました。
なんか、こういう経験もいいかも知れない…。

他の3社は横並びだったのですが、 唯一、変化があったのが、サッポロです。
サッポロの女の子は、他3社にくらべて、やや年齢層が高そうだったし、 落ち着いた感じの、ぽっちゃり系の子が多かったです。
ユニフォームは、はっきり言って、垢抜けしない感じでした。
デザイン自体は、なかなか良いと思うのですが、 きっと、生地や縫製をケチったのでしょう。 なんか、モサいイメージなんです。

ところで、サッポロは、昨年は、黒生を売っていたと思うのですが、 今年はヱビスでした。
こりゃいいや、と思って、注文してみたのですが、 はっきり言って、マズイです。
これはヱビスではありません。
いったいどうしてしまったのでしょうか?
ヱビスは、普通のビールより、値段が高いはずなんですが、 ここでは、他社と同じ 800円です。それと何か関係あるのでしょうか?

あと、他3社は、買ったあと、「ありがとうございまーす」とか 「またよろしくお願いしまーす」とか、愛想が良いのに、 サッポロはひどいです。何も言いません。笑顔もありません。
「おまえら礼儀がなっとらーん!」 と叫びたくなるほどでした(大げさ)。

というわけで、総評ですが、やはり、キリンが人数が多いだけ 目立っていたと思います。
アサヒも負けていませんでしたが、 昨年のように、技を使う子がいないと、 ちょっとさみしいという感じがするので、キリンが1位となります。
サントリーも健闘していました。
サッポロだけは、明らかに他社より劣っていたので、 今年も、ダントツの最下位ということになります。


ランキング

…というわけで、 ビア・バトル '98 のランキングは独断と偏見で、 以下のように決定します!

ランキング

順位 メーカー 備考
1位 KIRIN
2位 ASAHI
3位 SUNTORY
4位 SAPPORO ダントツの最下位

昨年、アサヒに負けて悔し涙を飲んだ(?)キリンが、 今年は1位を奪取しました。
しかし、実際は、戦略的には昨年のほうがかなり良かったのですが、 対するアサヒの戦略が更に悪かったための1位です。
サントリーも戦略的には昨年のほうが良かったし、 みんな、いったいどうしてしまったのでしょうか。
来年は見に行かないかも知れません。
(ま、ビアバトルだけ見に、わざわざ東京に行くなんて、 どうにかしてますもんね)。

どっか遠くに行きたいな