どっか遠くに行きたいな   どっか遠くに行きたいな
cancer44.com
メインメニュー
 
CREATE 2000/12/13
スプーン曲げ

今日、ミスターマリック氏が、マジックのネタバラシをする番組があったので見てました。
特にマジックや、ネタバラシに興味があるわけではないのですが、夕食を食べるとき、ヒマなので、ついつい見てしまっていたのです。

マリック氏も最近はテレビに出ることが少ないので、こういうことを始めたか〜、とか思いながら、それなりに楽しんで見ていました。

番組の最後に、スプーン曲げのネタバラシというのがありました。
マリック氏は、ゲストの全員に対して、「みんなで曲げてみましょう」とか言って、曲げ方を伝授しはじめました。

わたしも、けっこう興味津々で見ていました。
何を考えたのか、一緒に番組を見ていた母が、台所からスプーンを2本持って来ました。
「そんなもん、持ってきても、曲がるわけないやんか」と、母を多少バカにしつつも、ちゃっかり、そのうちの1本を受け取りました。

そして、マリック氏の言う通りにやってみました。エィッ!

そしたら、グニャリと曲がるではありませんか。

あっけないほど、簡単に曲がってしまいました。
力は、ほとんど必要ありません。

自分でも「うそーっ!」っていう感じでした。

曲がったスプーン

マリック氏の言葉で言うと、親指をステンレススチールと書かれた辺りに当てて、人差し指をスプーンの先端に当てて、スプーンが柔らかいものだと思い、指が鉄よりも硬いと思い込んで、エイヤッ! で曲げてください、ということでした。

ネタバラシと言いつつ、これはトリックでも何でもなくて、ホントに曲がるのですね。
ビックリしました。

番組のゲストも4〜5人いたのですが、そのうち2人が曲げていたと思います。
2人の、力のなさそうな女性タレントは、簡単に曲げるのに、和田アキ子には曲げられない。男性のゲスト2人も曲げられませんでした。それが面白かったです。

母も曲げられませんでした。

それにしても、スプーン曲げは面白いです。
クセになりそうです。
母に、「またスプーンいっぱい買っておいて」と頼んでしまいました(笑)。
レストランとかでも、曲げてしまいそうで怖いです。

つづく

どっか遠くに行きたいな